SECURITY  建物·地盤保証

住宅性能表示について

住宅性能表示とは、国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が、
法律に基づき住宅の性能を客観的に評価、表示する制度です。
以前は、各住宅メーカー・エ法で様々な表示があったのを、共通の基準をつくり、
住宅購入の際に、比較検討できるように始められた表示制度です。
A · Iホームが造る家は、その「設計性能評価」及び「建設性能評価」を全棟取得しています。

住宅性能評価基準について

住宅の性能を10分野のモノサシではかり、その内、4項目が必須項目となります。
A · Iホームでは、性能評価項目の中で

「1.構造の安定」「3.劣化の軽減」「4.維持管理•更新への配慮」「5.温熱環境・エネルギー消費量」

の項目で、それぞれ最高等級を取得しています。
*但し、2019年10月1日以降に建築確認を申請した住宅になります。

  • 耐震等級3

    1.構造の安定

  • 劣化対策等級3

    3.劣化の軽減

  • 維持管理対策
    等級3

    4.維持管理
    ・更新への配慮

  • ・断熱等性能等級4
    ・1次エネルギー
     消費量等級5

    5.温熱環境
    ・エネルギー消費量

住宅性能評価取得のメリット

  • 1.性能と品質の確保国が認定した第三者機関による客観的なモノサシで評価された住宅を、安心して購入できる。
  • 2.住宅ローンの優遇金融機関等の住宅ローン利用時に、金利等の優遇を受けやすくなります。
  • 3.地震保険の優遇「耐震等級3」の住宅では、地震保険の割引率として50%が適用されます。

A·Iホームの保証

A·Iホームアフターサービス 瑕疵担保保証 地盤保証 建物保証

CONTENT建物および地盤保証の内容

安心と保証の第三者機関について

A·Iホームでは、お客様の住宅を守るために、信頼のおける第三者機関に建物保証の一部を依頼しています。

建物の保証

A·Iホームが、住宅担保責任に基づき補修を行い、JIO日本住宅保証検査機構は補修費用の一定割合を保険金としてお支払いします。

地盤の保証

・保証内容

地盤保証制度の対象となる地盤の事故で住宅地盤保証協同組合の調査、審査または組合員による補強小路に瑕疵があり、不動沈下が原因で建物に損壊が発生し、地盤の改善が必要になったものに対して、建物と地盤の修復工事を保証します。

・保証限度額

保証期間において1物件ごとに最高5,000万円(建物自体と地盤自体の損壊による補修工事)の保証をいたします。(免責額なし)

・保証期間

保証住宅の基礎工事完了日にはじまり保証住宅引き渡し日から10年間が経過する日まで。

建物および地盤保証内容

建物の保証

建物の保証 第三者機関
JIO日本住宅保証検査機構
A・Iホーム株式会社 A・Iホーム株式会社
期間 10年間 10年間 2年間
保証対象 長期保証
構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分
長期保証
構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分
短期保証
表層・建具・外壁・電気・ガス・水道・外構等

印…詳細はA・Iホーム住宅保証書による

シロアリ保証

建物の保証 施工業者
期間 10年間
保証対象 建物全体
(保証規定による)

バルコニー防水

建物の保証 施工業者
期間 10年間
保証対象 施工した部位

地盤保証

建物の保証 第三者機関
期間 20年間
保証対象 不動沈下等により建物が持っている機能が著しく損なわれる状態